第5回日本サルコーマ治療研究学会学術集会
演題募集
演題受付期間
2021年8月2日(月)~9月30日(木)
※筆頭演者は日本サルコーマ治療研究学会の会員に限ります。
 未入会の方は学会ホームページより手続きを行ってください。
発表形式・カテゴリー
(1)発表形式
口演発表(主題)・ポスター発表(一般演題)
(2)シンポジウム・パネルディスカッション主題テーマ(候補)
1 肉腫モデルマウス:発症機構から治療法開発
2 再建外科としての腫瘍整形外科の工夫
3 JCOG、JMOGの歩み
4 肉腫に対する免疫治療の実践
5 低悪性度腫瘍(ALT、ACT)の治療方針
6 新型コロナウイルス感染蔓延下での肉腫治療の経験
7 腫瘍整形外科医の育成
(3)一般演題カテゴリー
1 基礎研究・トランスレーショナルリサーチ
2 病理・診断
3 薬物治療
4 放射線治療
5 外科的治療
6 良性腫瘍
7 骨原発肉腫
8 軟部肉腫
9 転移性骨腫瘍
10 小児・AYA世代腫瘍
*主題(シンポジウム・パネルディスカッション)についても一般公募します。
 (ただし、一部は演者指定とさせていただきます。)
**一般演題については、原則ポスター発表とさせていただきます。
文字数制限
演題名 全角60文字以内
英語演題名 半角120文字以内
抄録本文 全角800文字以内(英語半角200word)
総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計) 全角1960文字以内
登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者) 15名以内
登録可能な最大所属施設数 10施設以内
演題登録について
演題発表時の利益相反状態開示方法について
利益相反(COI)の申告にご協力ください
口頭発表およびポスター発表をされる方は、利益相反の申告にご協力をお願いいたします。
演題発表時の利益相反状態開示方法は以下の通りです。
口演・ポスター発表における開示方法
口演発表では下記ひな形(例)に準じたスライドを呈示した上で、最後に利益相反状態の有無を述べて下さい。 ポスター発表では利益相反状態に応じて、下記ひな形(例)に準じたものを発表ポスターとともに掲示して下さい。
演題登録に関するお問い合せ先
株式会社キョードープラス 大阪営業所
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー19F
TEL:06-6133-5653 FAX:06-6133-5623
E-mail:sarcoma2022@kwcs.jp
主催事務局
京都大学ウイルス・再生医科学研究所 組織再生応用分野
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
運営事務局
株式会社キョードープラス大阪営業所
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19F
TEL:06-6133-5653 FAX:06-6133-5623 E-mail:sarcoma2022@kwcs.jp
Copyright © The 5th Annual Meeting of Japanese Association of Sarcoma Treatment and Research. All Rights Reserved.